2014年02月28日

140224_1603~001.jpg銀の匙見る度に地元にあったこの店思い出す。
2月はあまりイベント行けなかったなあ。
posted by こぼちょ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

樽アクション

140214_2300~001.jpgまた雪が。
今日はバレンティンデイ。
今年は何本HR打つんでしょうか。

この間久しぶりに試写会に行って来ました。


「ホビット 竜に奪われた王国」
3Dで観たんでさすがの迫力。そして指環シリーズでお馴染みの迷宮の奥行き感。こういうのはレンタルではまだまだ味わえない。とはいえ3Dでなきゃという作品は年に何本もあるわけじゃないですが。

ストーリーは三部作の第二部目とあって途中でエンドロールが出ることは最初からわかっていたものの160分の長丁場が気づいたら終わってました。
指環三部作ほど悲壮感がないんでエンターテイメントアドベンチャーとして安心して楽しめる。
今回からオーランド=ブルーム扮するエルフのレゴラスが参加。俺の頭を踏み台に!なアクションが。
あと明らかにドンキーコング意識したようなギミックシーンが散見。樽とか移動籠とか回転板とか。目まぐるしい動きも多いのでやはり大画面推奨。
posted by こぼちょ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

COMITIA107

140203_2315~001.jpg昨日は有明に。

「COMITIA107」@東京ビッグサイト東5・6ホール

一回お休みして少し間が開いた感があるけど行ってみればいつも通りのコミティアでした。あー、これこれ的な。

初動人気は、
MATSUDASTYLE(新刊と既刊)
RussianBlue&MinusArtWorks(ひびき玲音個人新刊コピー誌とMinusArtWorks個人新刊と既刊)コピー誌は一旦完売後12:00にジャンケン頒布、14:00に時限通常頒布
ぱへかへ(新刊コピー誌無料配布とサイン入り単行本)
WiNDYWiNG(新刊)
kuma-puro(新刊とペーパー)
MeltdoWN COmet(新刊折本と新作グッズ)
word gear(新刊)
発狂するエラー(新刊とグッズ)ティアでは珍しく女性率高い列がずっと。
あと「ち」列にも女性列が突然できてた記憶が。08だったかな。

島中角では、
kotoが遅れてきて列に。アニメ放送中だから当然と言えば当然。



雑感。
寝込んでてろくろくチェックしてなかったのもあるけどやはりあまり回れなかった。まあチェックしたらしたでどう効率的に回るかを考えたりして結局全周回とかできなくなる気もしますが。正直一日じっくり全て回るとなると300〜500サークルくらいが限界かもしれない。TRC規模が理想かも。都産貿で言えば2フロア分程度?
posted by こぼちょ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

あまり一般的でない

140201_1352~001.jpg140201_2115~001.jpg週明けの月曜半ばから体調を悪くして週の大半臥せってました。

その間に図書館への返却期限が近づいてたので読んでは眠り、眠っては読みな感じで読了。

ダン・ブラウン「インフェルノ」
映像化もされた「ダヴィンチ・コード」と同じ主人公ロバート・ラングドンのシリーズ最新作でまあ特に解説の必要もないでしょうが。
サクサクした読みやすさはさすが。

ところで自分だけじゃないと思いたいんですが読んでるときに脳内で登場人物を映像変換または声優変換したりしますよね。
自分も毎回でもないですがなんとなく読んでる間イメージが浮かんだりします。
んで今回で言うと主人公は映画版のままトム=ハンクス、WHOの女長官は007シリーズでMやってる人、敵役は女がハル・ベリーで男はベネディクト・カンバーバッチなどと普通にハリウッド系俳優をあててたんですがどういうわけかヒロインだけがシャルル=デュノア(IS)に変換されてた。

もちろん最初からそんなイメージで読んではいなかったんですが気がついたら脳内で繰り広げられる三次元の中に二次元キャラクターが紛れ込み花澤voiceで喋っているわけです。恐ろしい(^ ^;)

それほどファンでもない自分ですら今季アニメの彼女の活躍が激しすぎた影響が出たものと結論づけたい。
posted by こぼちょ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする