2017年11月30日

師走間近

KIMG1110.JPGまた間が空いてしまった。
昔の猫娘亭(くろがねぎん)のコピー誌が出てきたので掲載。オフセ版はカラーだから白黒表紙はこれだけかな。

アニメ評価でも。今期の新規分で面白いのは、
「少女終末旅行」
伏兵。キャラデザは潰れたほうのうめ天帝でまといの人、基本ヒロイン二人のロードムービーなのに地味に深くでも暗くなりすぎずに楽しめる。

「キノの旅the Animation series」
こちらもロードムービーだけどヒロインと喋るバイクの組合せ。シリアス寄り。電撃が満を持して(待ちすぎた気もするけど)送りだした期待作。とはいえスケール感は出してなくオムニバス短編集っぽい。

「宝石の国」
フルCG作品ということであまり期待してなかったもののメチャクチャ動くうえに顔の作画がクオリティ高くて話も展開も想像しづらく飽きさせない。

「魔法使いの嫁」
ヤマザキコレのサイン会に行ったなあ。進撃の巨人スタジオのハイクオリティ作画と動きはさすが。それでいてシリアスのなかに優しさが含まれてる。ギャグ顔の入れ方は若干微妙。

「アニメガタリズ」
作劇センスがやや古いパロディ多用作品。ただ非常に肩肘張らずに安心して観られる。嫌いじゃない。

「ブレンド・S」
安定のきらら系枠。製作スタジオのせいか完全にworking臭が。すべてにそつのない作品。

「妹さえいればいい」
おれ妹とエロマンガ先生を足して割って少しいじった感じ。わりと観られる。みんないい子。

二期モノの安定は、
「干物妹うまるちゃんR」
シルフィンうざかわいい。シュバーッ

「血界戦線&BEYOND」
前より少しパワーダウンしたような。なんというか洗練さを出そうとしてテクニカルに行きすぎというか。

「銀魂ポロリ篇」
シリアスじゃないこういうのが観たかったはずなのにギャグの切れが悪くなってる気が。

「ボールルームへようこそ」
安定のスポ魂。このアニメ恋愛事情あまり絡めないな。多々良はなんだかんだで雫に戻り着くのだろうか。

「パズドラクロス」
話ごとにキャラの作画が凄くいい回とそうでない回のギャップが大きい。

「魔法陣グルグル」
可愛らしい絵柄で意外に深い内容。ギャグはともかくテンポよく毎週楽しめてます。

「名探偵ホームズ」
再放送。宮崎駿監督回のキレキレぶりよ。

「食戟のソーマ餐の皿」
ひさこ可愛い。餐て字難しすぎ。

「将国のアルタイル」
相変わらず女性キャラが可愛くも美人でもないのだが中東アラブ三国志としては面白いので良し。

「3月のライオン第2シーズン」
なんかより暗くなったような。エンドカードが心の支え。

「Fate/Apocrypha」
深みのあるシリアス回(特にジャックザリッパーのとき)は精神にくる。元イラストの近衛乙嗣は昔のコミティアでスケブ描いて貰えた記憶。

「鬼灯の冷徹第弐期」
安定して観られるけど特別面白いわけでもない。でもダラダラと流すにはいい不思議な作品。

「ラブライブ!サンシャイン!!」
ド安定なものの物足りなさも。各々のキャラの持ちネタを話に1回は入れないといけない決まりでもあるのか。(特に一年生トリオの「ずらー」「ぴぎぃ」「(よしこじゃなく)ヨハネ」)

以下微妙な評価もしくは視聴打ち切り。
「王様ゲーム」一話切り。デスゲーム自分には最近ムリですね。

「UQ HOLDER!魔法先生ネギま!2」バトルシーンがエグすぎ。ラブコメパートが雑。

「Dies iraeディエス・イレ」1話目で訳がわからす2話目でも掴めないうえに面白くなりそうもなく切り。

「妖怪人間ベム+俺たちゃ妖怪人間」未だに未視聴のまま。俺たちゃ妖怪人間だけ観たい。

「URAHARA」3話ほど視聴して面白くなく切り。つい最近たまたま最新話を観たらシリアスすぎてこれはアカンなと。

「つうかあ」惰性で観つづけているものの各レーサーの過去話を延々として何がしたいのかいまいち。

「おそ松さん」下ネタ増やしすぎ。たまに入るだろういい話が今のところない。

「Wake up,Girls新章」背景や風景が喋るほどの動きのなさがちょっと。キャラデザイン近丘直は同人IMGnationの人。

「ブラッククローバー」この巻数でよくアニメ化したなと。面白くもなく女の子も可愛くなく切り。

「クジラの子らは砂上に歌う」期待してたわりに何かこう世界系の悪いほうの展開にはまってしまった感じ。気づいたら観なくなってた。

「妖怪アパートの幽雅な日常」主人公がアパートの面々と一部の人以外に態度悪すぎ。妖怪関係ないシリアス話も多いのは何がしたいのかと。

「戦刻ナイトブラッド」タイムスリップしてイケメン戦国武将とって言うスマホゲームのアニメ化だけどこれ「アシガール」じゃないのか。つまらなくて1話切り。

「Just Because!」どうしても「月がきれい」を意識して観てしまうだけにそれとの対比でのいまいち感が。でも視聴は継続中。凄くつまらないわけでもないので。

「BORUTOボルト」CGアニメの出来のひどさ。そもそもNARUTOが肌に合わなかったので切り。

「TSUKIPRO THE ANIMATION」男アイドルモノは相当面白くないと…1話切り。

「かみさまみならいヒミツのここたま」たまにある良回目あて。主にビビット回。

「このはな綺譚」良作なものの飛び抜けてよくもなく。サイン会で煎餅の思い出。原作にあったバストトップ大盤振る舞いが円盤にもなさそう。

「十二大戦」生き残りゲームは自分にはもう以下略。

「Code;Realize創世の姫君」1話切り。女性向けな匂いしか。

「DYNAMIC CHORD」まさかの超低クオリティCG&紙芝居アニメで界隈を席巻。あまりのひどさに1話切りしてたけど最近最新話観たらひどさに磨きがかかってて苦笑。

「ドリフェス!R」男アイドルモノは以下略。

「牙狼VANISHNG LINE」ヒーローマンにしか見えないキャラデザ。パチスロ業界はこういう泥臭いハードボイルドなのが好きなのか。

「結城結奈は勇者である2」まどかマギカの系譜は好きじゃないので切り。

「僕の彼女がマジメすぎるしょびっちな件」嫌いじゃないけど正直「生徒会役員共」のバージョン違いですよね。まあ観るんですが。

「クラシカロイド2」藤田監督なんでこんなに劣化したの。

「タイムボカン逆襲の三悪人」オモチャとジャニーズを売るためのアニメ。そんな作品は1話切りで当然の内容でした。

「アイドルマスターsideM」実は未視聴。1話くらい観たほうがいいのだろうか。

番外で、
「ネト充のススメ」
はっぴー腐女子のRO篇まんまでいっそ懐かしさすら感じる。
posted by こぼちょ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: