2018年01月17日

最強の物販イベント

KIMG1399.JPGさる1月8日(祝・月)に行ってました。とりあえずネットでは見かけない話を混ぜたレポを。

「電撃25周年記念電撃屋冬まつりin幕張」
まずHPに記載されてた海浜幕張駅に最初に着く始発電車から誘導の件。実際は徹夜含めた車などの前乗り組を始発到着の10分前に駅前で列形成、始発到着組(駅構内に入場券で入っていた者も含む)は別に列形成してそれぞれ2列を合流させてました。この段階で300人は居たかと。ただ同日に乃木坂48と欅坂48の握手会がありそちらの徹夜組が優に倍以上。
会場の幕張メッセ1ホールをほぼ時間通り11時に開始、物販はメインのサイン本販売列とライブグッズ・限定グッズの2列に分かれて販売。グッズはさらに二手に分かれて販売。こちらは14時には一部限定品(サイン入り抱き枕カバーやラブライブ缶バッジ、ミニタオル)が完売したあたりで列もなくなりました。
一方のサイン本販売は列先頭まできたところで数人居るスタッフに欲しいタイトルを告げて引換券を受け取り(このときタイトルに間違いないかかなり念押しされる)ABCDの4レジのどれかに誘導され背後の棚から取り出しサイン確認して袋に入れ販売という形式。このABCDが文庫、画集、コミック、コミックというふうに分かれているのが特定のレジに人気が集中して遅れる原因に。最初混んでたのは画集レジでした。
最初の1人目が購入してもう1冊のために一巡できた時間が13時頃なので開始時間に並んだ人が1冊目を購入できるまでが2時間ほどかと。
その後は列が短くなっていき1時間待ちが40分待ち、20分待ちといった感じでループ。
人気の画集が完売してからは列の進みも早く、レジもサイン確認や袋詰めがなくなり効率性を上げてました。とにかく作家にどれだけ書かせたのかというほどの物量。午前中には即完売しそうなタイトルも15時でもかなり残ってました。5年前とはえらい違い。ただ物販イベントと銘打っているだけあって会場の装飾などは寂しかったなあと。

ともかくこんなに購入可能冊数が多いなら予算を確保しておけばというのは後の祭り。
posted by こぼちょ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。